So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

キャッシュバックを利用してiPhoneへ乗り換えてみた話(実話)。 [便利サービス]

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

というか、お久しぶりです。
実は、、、このBlogのID&PWを失念していてアクセスできなかったのです。。。
それが、今日、2016年の元旦に発見されたのです!
ということで、早速BlogのUPです。

今年最初のBlogは、私が携帯キャリアを変えたお話しです。
ファイル_000A.jpg

実は、私は社会人になってからNTTdocomo一筋18年、家族もみんなdocomoという筋金入りのdocomoユーザーでした。

1年半くらい前に、SHARPのSH-01Fを購入して利用していたのですが、
端末のあまりのレスポンスの悪さ(電源ボタンがお亡くなりになり続ける。交換しても。※個体差があるらしい)
料金の高さ(Planの改悪?によって、パケットが2GまでのPlanに変更されて、私んお使い方だと半月ほどで超低速モードになる) 
という理由から、結構不満がたまっておりました。
要は、あと半年、この端末を使い続けるのが苦痛だったのです。

そんなときに、ソフトバンクショップで「iPhone6に乗り換えで1台10円キャッシュバック!」「iPhone6に乗り換えで月々2560円!」(・・だったかな)なんて立て看板を発見しました。

家族3台で、なんと30蔓延ですと!
しかも、月々の通信費も格安ですと!!!

ということで話を聞いて、翌日に乗り換えちゃったのです。
そこで、乗り換え時に得た知識をみなさんに共有です。
  ↓

【乗り換え(MNP)に考えたこと】

(前提条件)
私の場合、MNPで乗り換えるには、下記の金額が必要でしたので、その分がキャッシュバックで帰ってくることが前提条件となりました。
機種代の残高(7か月分)→ 約1.6万×2台分(1台は払い終え)
MNP解約金(docomoへの支払い)→ 約1万×2台分(1台は更新月のため無料)
Softbankの事務手数料 → 約1万(3000円×3台+消費税)
さらに
月々の支払料金が安くなること



(キャッシュバック金額)
ソフトバンクの店頭の立て看板に書いてあった「1台につき10万のキャッシュバック」について、よく聞いてみると、フレッツ光に入ると総額で10万円ということで、自宅がマンションのため(マンションで契約している)、その分の割引が無効になりました。
とはいえ、話をしていると、いろいろと条件が合致してきました。

①iPhone6の64Gに変更可能!(16Gは使い物にならないとの話をよく聞いていたので)
②AppleCare+に加入しても、月々の支払いが3500円台で済む
③1台につき、20000円(3台で6万円)のキャッシュバック(商品券で即日渡し)が可能!


ということで、上記の条件をかろうじてクリアです。
本当いうと、iPhone6sにしたかったのですが、そうすると③のキャッシュバック2蔓延がなくなるとのことなので我慢してiPhone6で乗り換えを決意したわけです。

Planについての詳細は、下記の画像をご参照ください
ファイル_000B.jpg


ということで、今の巨大キャッシュバック(商品券)キャンペーンは、うまく利用すれば結構良い使い方が出来たのかな、というお話でした。
悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

では、今年もよろしくお願いします。







『軍師官兵衛』の視聴率がV字回復!!!! [『軍師官兵衛』]

以前に何回か取り上げた、NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』の視聴率がV字回復しているそうです。
低視聴率と囁かれていたこのドラマも後半の見せ場へ向けて、盛り上がってきたということでしょうか。

「軍師官兵衛」“V字回復”17・5% 5月には一時12%台まで低迷も

官兵衛2.png

今まで、あまり光があたらなかった『軍師』というものをとりあげた、今年の大河ドラマは、マーケッターという仕事をしている私にとっても、とても興味ある話で、最初から欠かさず見ていました。

でも、序盤は、ちょっと盛り上がりに欠けていた・・という気もしていましたのですが、『軍師』として官兵衛が覚醒していく前回の放送から、なにかギアが入ったように『雰囲気』が出てきたような気がします。

さて、ここから後半は、本能寺の変から秀吉の天下取りにつながる、明智光秀を討つ「中国大返し」という、大きな見せ場がありますね!!

あと、番組中によく出てくる『姫路城』を最後に貼っておきます。
番組に出てくるのは、この写真の前身の「姫路城」なので、形や規模は全然違いますが、現在は「世界遺産」にもなって有名で「白鷺城」なんて呼び方をされていたりもします。

(参考)
wikipedia『姫路城』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E5%9F%8E

官兵衛3.png

では、『軍師官兵衛』をご覧のみなさま、後半も一緒に楽しみましょう!
  ↓ ↓ ↓
官兵衛1.png




北極星にカメラを向けよう。 [カメラ]

前回に引き続き、今回も夜空の写真のお話におつきあいください。
hikakumei 5C2 S.png

前回は、星空の写真を「比較明」という方法で撮影&合成してみました。
人生初の「比較明」だったのですが、何回かチャレンジしていると、それっぽくなりました。


  ↓ ↓

そこで、今回は「北極星」の方にカメラを向けて写真を撮ってみようと思い、再チャレンジです。

まずは、建物入りの写真に挑戦です。
 F5.6 16秒 ISO400 259枚 ⇒ KikuchiMagick(フリーソフト)を使って合成です。
(OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8)
hekakumei4B S.png


次は、もっと時間を長くして北極星を中心にぐるっと回る星の軌跡を狙いました。
 F2.8 8秒 ISO400 621枚 ⇒ KikuchiMagick(フリーソフト)を使って合成です。
(OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8)
hikakumei 5C2 S.png

大分、それっぽくなってきましたでしょうか。


※KikuchiMagickはこちらからどうぞ。
(比較明の合成が簡単にできるフリーソフト)
  ↓
http://kikulab.blogspot.jp/p/kikuchimagick.html






星がぐりぐり流れる、軌道を撮影したい! [カメラ]

本日は、先日紹介したOLYMPUSのミラーレス一眼、OM-D E-M10に標準機能として装備された「ライブコンポジット(比較明合成)」が、とても楽しそうで羨ましいので、私の手元にあるE-M5で「比較明合成」を行ってみました。

こんな写真です。
比較明TEST3 S.jpg


比較明合成とは
比較明合成とは、複数の画像の合成する際に、複数の写真の明るい部分を比較して、明るい部分を合成していく処理のこと。
ちなみおに、夜空で、星の軌道がぐる~っとまわってつながっていたりする写真は、この方法を使って撮影&合成処理をされる模様です。
比較明 検索.jpg


方法は、星空をインターバル撮影し、それらの写真を合成して作成します。
その合成方法が「比較明」という方法で、名前の通り複数の写真を比較して「明るい部分」のみを合成していくというもので、星空を撮影したものだと、明るく映る「星」の部分の移動した奇跡がどんどん合成されていく訳です。
※上記のE-M10というカメラは、ライブコンポジットという、この合成作業まで一気に行えちゃうモードが付いているのです。

(比較明の説明)
http://matome.naver.jp/odai/2138408471343103601


E-M5で比較明合成の写真を撮ってみよう。
ちなみに、私が今使っているのは、OLYMPUSのOM-D E-M5というカメラで、このモードがついてませんので、あと作業でソフトで合成することになります。

さて、調べましょう。
実は、私は今回初めて挑戦するのです。

検索です。

こんなページが見つかりました。
お、分かりやすいですね。
  ↓

①事前準備(設定)

星景写真に挑戦 その1 準備&実践
http://kassy2009.seesaa.net/article/323702681.html

読んでいくと、事前設定が必要なようです。
 → レンズリセット OFF
 → 仕上がりモード(ピクチャーモード):Flat 等々の事前準備の設定をします。
 ⇒ レリーズケーブルも必要。

②事前準備(ソフトをGET)
そして次に、比較明合成を行うソフトをGETです。
何やら、このソフトが良いようなのでGETです(Win版です)。
  ↓
KikuchiMagick
http://kikulab.blogspot.jp/p/kikuchimagick.html


あとは、撮影して上記ソフトで合成です。
さあ、やってみましょう。


TEST1回目。
まずはTEST撮影です。
(約15分、240枚の写真の合成)

まずは、撮影です。撮影し終わったらその写真をPCに写します。
比較明 作業 B.jpg

  ↓
撮影したあとは、PCでソフト(KikuchiMagick)を立ち上げて、山ほど撮影した写真のフォルダを選択して、実行ボタンを押して合成処理が終わるのを待つだけです。
比較明 作業.jpg

おお=!
私でも、簡単にできましたよ!!
比較明TEST B_S.jpg



TEST2回目。
今度は、シャッタースピードを1回目よりも早くして、ISOも低くして、撮影時間を長くしてみました。
(約30分、827枚の合成)。

うんうん、良いんじゃないでしょうか。
比較明TEST2B_S.jpg


TEST3回目。
次はシャッタースピードをちょっと長めにして、1時間弱撮影してみました。
うお=! ぐりぐり流れてますね!!
(約1時間 525枚の合成)。
比較明TEST3 S.jpg

フィッシュアイレンズが欲しくなりました。

では、また!

レンタカーの新しい流れ? に乗ってみた。。② [便利サービス]

レンタカーの新しい流れ? に乗ってみた。。②

みなさん、こんにちは。
ちょっとご無沙汰していました。

今日は、前回の続きを書いてみたいと思います。
でも、ほとんど前回書いちゃったので、今回は「まとめ」です。

今回、HONDAのスムーズレンタカーに乗って思ったことは下記の3つ。

①レンタカーは安かろう悪かろうは、やっぱり嫌だ。
②安いレンタカーでも①最新の車で、装備が良い方が良いに決まっている。
③しかも、好きなときにネットで予約できる方が良いかも!
 +
α)メーカー直営なので、なんか安心感もあるしね。

ということ。

ぶっちゃけ、N-ONEのターボ車、結構楽しめましたよ。
軽自動車なのに、とってもパワフルでキビキビ走る楽しい車でしたし、パドルシフトやオートエアコン、オートライトなんてゴージャス装備。普通のレンタカーにはついてないですよ、こんな装備。
インターナビ対応のナビなんんか、行先入れたら、到着予定地の天気をしゃべってくるし、渋滞に合わせてコースもガンガン変更してくるなんて、ちょっと嬉しい感じです。
20140418_102951.jpg

但し!!!!!!

文句を言いたいのは、車は綺麗な方が良い ということ。

この点は、駐車場放置型のレンタカーの大きな問題点じゃないかと感じました。
この車で、彼女をデートに誘ったり、だれか友人と旅行に行くとしたら、今回の車のように「ドロドロ」に汚れた車は「げんなり」しちゃいますよ。
20140418_131027.jpg

通常のレンタカーだと、綺麗に掃除をした車を貸してくれますから。

※ちなみに、車が楽しかっただけに、あまりに汚いのが不憫に思い、私のいきつけのカー用品店で洗車して返しておきました。
 でも、まあ、、べったりついていた水垢までは取れませんでしたが。。。。
P4181056.jpg


でも、いろいろな選択肢ができるということは良いことだと思いますので、頑張ってほしいと思います。





前の5件 | -

人気ブログランキングへ %

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。